お知らせ&日々のこと

2021.11.22 (Mon)  09:20

体験レッスンについて

夏からしばらくの間、体験レッスンをお休みさせていただきます、とお知らせしておりますが、その間も、道路沿いの看板を見てお電話をくださったシニアの生徒さん、元生徒さんや、元生徒さんのお子様などのレッスンがスタートしています。

その他、ホームページから体験レッスンできませんか?とお問い合わせを多数いただき、先日までにお二人の体験レッスンをいたしました。
また今週もお二人の体験レッスンを予定しております。

実際に12月からレッスンスタートされる生徒さんもいて、ありがたいことです。

土曜日と水曜日の夕方のお時間に空きが出ましたので、また体験レッスンを受け付けますが、お問い合わせの前に、ちょっとじっくり考えていただきたいなぁ、と思うことがあります。


実は、Instagramなどをご覧になり、体験レッスンのお申し込みが以前より増えたのです(本当にありがたいことです)が、

土曜日のフリーレッスンの枠がいっぱいだったことと、
ちょっと興味本位な体験レッスンのお申し込みもあり、今後の体験レッスンのあり方をどのようにしていくべきか、ちょっと迷いもあり、お休みさせていただいていました。

ヴァイオリンは音を出すまでに、努力を要する楽器です。ちょっとだけ弾いてみたいなぁくらいの動機だと、モチベーションが続かないことがあります。

更に楽器を買っていただくことなど、先行投資も必要です。

今はありがたい時代で、楽器のお値段などはインターネットでの検索でも、情報を得られる時代です。(ホームページにも、その辺りの情報を更新しようと考えています)

小さなお子様には、レンタル楽器をご用意して、ご家庭の負担にならない努力もしています。
お子様の場合、日々の練習へのお声掛けや、時間の管理のお手伝いなど、お家の方のご協力が必須です。

何ごとも同じだと思いますが、上達には努力が必要です。時間も必要です。

私は基礎をレッスンの土台として大切に考えていて、それは子供さんでも、大人から趣味として習われる方も同じで、基礎の積み重ねの先に本当の楽しさがあると考えています。

私の指導方針と、楽器の購入費用、更におうちでの練習時間の確保(毎日が理想ですが、それが無理でも、効率よく練習する方法もお伝えしています)、その辺りを、ちょっとお考えください。


街の音楽教室ならではの、気軽に始められる手頃さ、クラシック音楽に対する敷居を下げることの努力もしたいと思っていますが、やはり始めるにあたってのある程度の覚悟はしていただきたいと考えます。


体験レッスンでは、その辺りのお話しもさせていただいていますが、できれば、体験レッスンのお申し込み前に、もう一度しっかりと取り組む覚悟があるのか、経済的、時間的な余裕というよりも犠牲を、払えるのか?を考えてから、お申し込みいただきたいと思っています。

どうぞご理解のほど、
よろしくお願いします